2016年12月19日月曜日

fate grand orderおもろセリフまとめ4

さて、前回記事の最後に華麗に登場した
クー=フーリンをいじって遊ぶ。
軽くwiki(リンク)を見るだけでも十分臭い。

クー・フーリン(アイルランド語: Cú Chulainn)は、
ケルト神話の半神半人の英雄。

冒頭からコレか(苦笑)
過去記事にも書いた通り「半神半人」というのは
キャラ属性的にキリストと被る。
ケルトやドルイドがキリストの元ネタとして重要ではないのか?
と、ねこた先生が何ヶ月も検証を続けている事にも繋がる話題だ。

キャラ属性のひとつぐらいなら偶然の一致で
マグレもあり得るだろう。だがwikiを更に読むと
偶然では済まない程キャラ属性が被っている。

まず父親は太陽神ラー。あ、ウソウソ。太陽神ルー。
これも臭い。今、私が意図的に「太陽神ラー」と書いた通り
「まさかエジプト?」とすら思わせかねない内容だ。
子音文字のみが伝わり母音が失伝した言語なら
ラーとルーが入れ替わっても不思議ではない・・・。
せんせえ、それは何というヘブライ語ですか?

実際に先程のwikiだって「クー=フーリン」の表記として
クー・フラン、クー・フリン、ク・ホリン、
クー・ハラン、クークリン、クー・クラン、キュクレインとも。
と書いてある。この程度の誤記や訛りは想定の範囲内だ。
特に古代や中世では紙や本が高価だったし識字率も低かった。
口伝の過程で徐々に「伝言ゲーム状態」で
発音が変化するのは想定の範囲内だ。

さて、wikiのくさい話はまだ続く。ダイジェストで紹介。

クー=フーリンは幼名をセタンタという。
ある時連絡の行き違いから他人の番犬を殺したセタンタは
番犬を子犬から育てるので、子犬の成長を待つ間は
自分が屋敷の警護をすると申し出た。
その屋敷の名前が「クラン」だったので
名前が「クランの猛犬」を意味する「クー=フーリン」になった。

くさい。ちょっと色々と後で解説。
更に騎士になる動機や死の場面も臭い。

長く伝えられる英雄となるが、
その生涯は短いものとなるという予言
(中略)
ゲイボルグに刺し貫かれて命を落とすが、
石柱に己の体を縛りつけ、最後まで倒れることがなかった

なるほど。実にくさい。
例えば死の場面。キリストはロンギヌスの槍で貫かれた。
クー=フーリンはゲイボルグの槍で貫かれた。
オーディンはグングニルの槍で貫かれた。

キリストは十字架にかかった。
クー=フーリンは石柱に己の体を縛り付けた。
オーディンはユグドラシルの樹に逆さ吊りになって死んだ。

キリストは黄泉に下り、三日目に蘇った。
クー=フーリンは影の国でスカサハの指導を受けた
オーディンがユグドラシルで逆さ吊りになったのは
ルーン文字の奥義を悟るため

ちなみにクー=フーリンの師匠のスカサハは女。
FGOのキャラとして女という意味ではない。
元ネタのケルト神話でも女神だ。
ところで創世記で知恵の実を男に授けたエヴァも女。
女が知恵を男に授けるというテーマは興味深い。
いい感じでシンクロ率が上がってきたではないか。
(萌えキャラを増やしたいからなのか
元々男なのに女としてFGOに登場するキャラが多いが
スカサハは元々女という意味)

また、「生涯は短い」と言われたクー=フーリンだが
キリストだって33歳で死亡だ。十分短いだろう。
wikiには決して犬の肉は食べないと言うゲッシュ(禁忌)
という一節もある。食事の規定がうるさい宗教というのは
世界中にいくつかある。例えばユダヤ教とか(笑)
しかもFGOの中でクー=フーリンは「光の御子」と呼ばれている。
「太陽神ラー」あ、もとい、「太陽神ルー」の息子なら
属性が「光」でも不自然ではない。
しかし、この属性、「光の御子」はキリストとキャラが被る。
例えば「父・御子・御霊」と言えばキリスト教の「三位一体」
そしてキリストは自らをであると称した。
(ヨハネ伝8章12節)

「クー=フーリン」の名前の由来となった
番犬に襲われるエピソードもキリスト的な解釈が成り立つ。
福音書を読むとキリストが荒野で
サタンの試練を受ける描写がある。
マタイ伝4章、マルコ伝1章、ルカ伝4章。
つまり犬=獣=サタンと解釈すればクー=フーリンとつながる。
「獣=サタン」はいいとして、
そこに犬をつなげるのは強引ではないか?というと
実はそうとも言い切れない。

例えばタロット15番と言えば「悪魔」
ところがバロックボヘミアンキャッツタロットの15番では
どう見ても「犬」に見える「悪魔」さんが描いてある。
また、当ブログの過去記事でターンAガンダムの第1話を
解説した時に
これはキリストが悪魔の試練にあった描写だ」と
説明をした。あの場面でも非常に犬っぽい獣に襲撃されていた。
セリフ上ではコヨーテ)
だから「獣=悪魔」だけではなく、そこに「犬」まで
つなげてしまうのは私一人の勝手な妄想ではない。

ところでバロックボヘミアンキャッツタロットの描写は
女=青=左男=赤=右だ。
カラーリングやポジション取りにも意味があるのだろう。
要はこれと同じ。
若しくはコレ。
若しくはコレ。
若しくはコレ。
探してみるとカヲルくんが左(向かって右)という
ポジションの場面も無くはない。
サードインパクトの爆心地へ向かうシーン。
しかし、なぜか妙に引きの絵なので
二人の位置関係がわかりにくい。
やっとアップになったと思ったら・・・
カヲルは右目側アップが多い。
シンジは左目側アップが多い。なぜかな〜??
あくまでもカヲル=悪魔=右
シンジ=キリスト=左という基本に忠実な作画であったw
まあ、世界を破滅させたのはそのキリスト君な所が
最大の笑いのツボなんだけどな!!
ちなみにテレビ版はちょっと左右のポジション取りが曖昧。
初登場では左。しかも天使に座っているカヲル君。
風呂も左。
しかし寝る時は右。
右目を見せて長口上を述べる。


ところでこういうモザイク画があるのを知っているだろうか
サンタポリナーレ・ヌオーヴォ聖堂@イタリアのラヴェンナ
中央のキリストの右=悪魔=赤色左=天使=青色
6世紀に(?)描かれたモザイク画で
悪魔が絵に描写されたものとしては最古(?)だとか
こんな昔からこの左右の法則は
右=悪魔=赤色左=天使=青色踏襲されていたのか。

過去記事で何度も書いた内容だ。
例えばシンジ=神児=キリスト。カヲル=サタン。
たとえばカヲルの目は赤=サタン色。
まどか=キリスト。ほむら=サタン。
しかも タロットのお犬様は女の方を見ている。
過去記事でも悪魔は女を狙うと書いた。
例えばエデンの園で悪魔に唆されてリンゴを先に食ったのは女。

現実社会の女は
スイーツおいしい、ファッションかわいい、彼氏お金持ち
その程度の事しか頭の中に入ってないだろう。
悪魔に狙われようが知らん顔でノーガードのアホアホ戦術。
たまに何を間違えたのか知らないが
アテクシ意識高いゴッコを始めたと思ったら
言い出すのはせいぜい、
安倍政権打倒か99%が目覚めれば世界は変わるかその程度。
アホが自滅するのは自業自得だからいいとして
(↑アホが自滅する例)
そんなアホに産まれる子供が不憫でならない。

女の話はさておき、英語版wikiを見ると
日本語版にはないクー=フーリンの属性が説明してある。
それがまたキリスト臭さを漂わせているので紹介する。
リンク


He is believed to be an incarnation of the god Lugh, 
who is also his father.
くーふーりんは太陽神の息子であると同時に
地上に下った太陽神そのもの

父御子御霊は3つ別々であり、同時にひとつでもある
という三位一体に近い。

また、クー=フーリンが生まれた時のエピソードも臭い。

The god Lug appears to her and tells her
he was their host that night, and that he has put his child
in her womb, who is to be called Sétanta.
Her pregnancy turns into a scandal as she is betrothed to
Sualtam mac Róich,
and the Ulstermen suspect Conchobar of being the father,
so she aborts the child and
goes to her husband's bed "virgin-whole".
She then conceives a son whom she names Sétanta.

なんだかマリアの処女懐胎みたいな話になってきた件。
神様が「お前の子宮に赤ちゃん入れたのワシやで」
「子供の名前はサタンな、あ、間違えた、セタンタな」
と言った

妊娠を神様から告知された点、
名前を神様から指定された点、
婚約中の妊娠であった点、
その妊娠が問題視された点。
このあたりがキリストと被る。

しかし、クー=フーリンの場合は
子供を中絶して、おセックスしなおしたらしい。
ここはキリストとは違う所だ。

マリアはおセックスしていません!(キリッ

恋愛禁止条例です!(キリッ

最後はお約束のひと言をオナシャス!(キリッ

「黒幕はキリスト教徒!」(キリッ

fate grand orderおもろセリフまとめ3

過去記事の続き FGOことfate grand orderをやっていると
臭い台詞が何度も出てくる。裏読みのし甲斐のある台詞だ。
元ネタになってる神話そのものが臭いとも言えるが
作者連中が何かしらのカルト教義に影響を受けて
シナリオを書いている疑惑も一部にはある。
そういうセリフの裏読みをしながら
キリスト教成立の謎を考察したり
各国の神話の試食をしてみようというのは
本ブログの重要テーマでもある。

今回は「第五特異点」こと
「北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム」に注目する。

「イ・プルーリバス・ウナム」とは
現実世界のアメリカのドル紙幣に印刷されている言葉。
ワシの頭上に注目
「い ぷるーりばす うなむ」e pluribus unum
Eは「い」と読むのが正解なのか?という疑問はある。
しかし当ブログ過去記事でも古典語の発音はスルーすると
決めたのでツッコミは無し。
意味としては「多様性と統一性の両立」的な感じ。
「多種の民族が集まりつつもひとつの国家として
統一・団結をする。
しかしそれは各民族の文化を否定する訳ではない」
・・・みたいなアメリカ合衆国の建国理念に繋がる云々。
オバマが演説の中で使った事もある
オバマは「イ」と発音している。
オバマの説明では"out of many we are one"らしい。
しかしこの画像。重要シンボルが多い。
イルミちゃんの好物の弓矢を握りしめるワシ
(余談だがワシとタカとトビは生物学的には同じ
サイズ等で区別されているだけ →参考リンク
そのワシは左目を見せている。
左目チーム所属のアメリカには適切。
そして頭上に輝く13の星。
ダメリカ建国当時の13州を示すのだろうが
確かにこういう配置にすると六芒星になる。
勿論ワシの視線の先のピラミッドアイも重要シンボルだ。
さてこの「北米神話大戦」には色々とくっさいキャラが登場する。

まずはエレナ=ブラヴァツキー。
これは神話の登場人物ではなく実在した人物。参考リンク
1831年生まれ1891年死去。オカルト系では有名人だ。
まあ、ひと言で言えば、イルミちゃんの工作員。
「超能力」と称して、単なる「手品」をやったのに
ネタを見破られて大恥かいたという武勇伝もあるらしいw
(ねこた先生談)
このキャラの描写がなかなか臭い。
ひとつには生命の樹が描かれた服と本を携えている事。
また、ぶらばつきーはバトルシーンでは本を飛ばして
「第一の光!」とか「第二の光!」とか言いながら
ビーム攻撃?みたいなことをする。
本・光・生命の樹」という組み合わせから考えるなら
光とは天地創造の事を指すのだろうか?
「本が開いて光が出る」というのは
聖書的に解釈するなら詩篇119篇130節。
御言葉打ち開くれば光を放ちて、
愚かなる者を聡(さと)からしむ

しかしその光になぜ第一」と「第二」があるのか?
ぶらばつきーの攻撃は2種類だけではないのに
「第三」や「第四」が無いのはなぜか?
これはオカルト系の考え方のひとつとして
天地創造は2回行われたという考え方があるからかもしれない。
実際に旧約聖書を読んでいても、天地創造には矛盾点が多い。
例えば第1章と第2章で記載された内容の矛盾点。
第1章で終わったはずの天地創造が
第2章で再度説明されている謎。
大事な事だから2回書いたのか?と思いきや
被造物の創造された順序等矛盾点がある。
このあたりを根拠にオカルト系では天地創造が2回行われた
云々と主張する事がある。
いや、もっと書けば旧約聖書は途中で加筆されている。
本当は現在の創世記第2章こそが本来の天地創造であり
現在の第1章は後から加筆されたものだ。
(長谷川三千子著バベルの謎 ヤハウィストの冒険 」
中公文庫)
そしてこの第1章が描写しているものは
天地創造を追体験するというカバラ瞑想法。
(「実践魔法カバラー入門 女神イシスが授ける古代の密儀」
大沼忠弘著)
カバラ瞑想、まして天地創造が「後から」加筆されている時点で
神から授けられただの、アブラハムガーだの、モーセガーだの
全宇宙の真理ガーだの、そんなものはハッタリ。
麻原尊師が最終解脱して云々というのとあまり変わらない。
この辺はグノーシスとかヤツらの好物に繋がる話題だ。
勿論「神=自分」という前回記事に繋がる話題でもある。

また、FGOでは「宝具」と称して
各キャラに「必殺技」的なものが設定されている。
ぶらばつきーの場合は宝具の名前が「サナトクマラ」で
「金星神火炎天主」と書く。
しかもその宝具の描写では、ぶらばつきーが
UFOに吸い上げられて、そのUFOで爆撃してくる。
「UFO、金星、サナトクマラ」なかなか臭い組み合わせだ。
カトリックではカミサマの事を「天主」というのもお忘れなく
参考→サナトクマラwiki
参考→菊りんブログ
(サナトクマラ 鞍馬山 大本教 神智学その他)

ぶらばつきーの宝具その他がyoutubeにアップされていたので
紹介しておく。
臭いキャラはまだまだ出てくる。
例えば「マハーバーラタの大英雄」と紹介される「カルナ」

添付画像の左側の人物が「カルナ」
インドの神話の登場人物だが完全にアルビノの白人顔。
同じくラーマ。「マハーバーラタ」と並ぶ
叙事詩「ラーマーヤナ」に登場する王子だが同様に白人顔。
インドは多民族国家なのでインド人=黒人という考えは
雑すぎる。
しかしインド人を白人と勘違いさせかねないFGOの描写は
もっとひどい。
「アーリア人」とか嘗ての英国の植民地化の正当化理論とか
「ヤツら」くさい話題を連想させる。
ちなみに「マハーバーラタ」内ではカルナの宿敵とされる
「アルジュナ」は黒人キャラとして登場。
子供向けゲームで「古代インド人=白人」という
洗脳をする意図があるのか無いのか結局不明。
ただ、FGO(オケアノス)では
ダビデが白人のアルビノキャラで登場するのも事実。
アシュケナジーユダヤとかブラックアテナとか
色々臭い話題につながるので要注意ではある。

さて、イ・プルーリバス・ウナムにおける
敵チームのボスキャラはクー=フーリン。
胸の模様にも注目だ。これはトリスケルだと思われる。
参考リンク
ケルト系の神話に出てくるクー=フーリンにはふさわしい。
え?何ですと?「3つの渦は、ちょろーめっぽい」ですと?
みんな大好き、ちょろーめ
え?しかも「3つの渦って666に見える」ですと?
ケルトと黙示録という組み合わせか。
なかなかくっさいが
そういうけしからん事を言ってはいけません。
え?え?トリスケルと三位一体?
だから、そういうけしからん事を言ってはいけません。
次回はツッコミどころ満載のキャラ、
クー=フーリンをいじって遊ぶ。

最後はお約束のひと言をオナシャス。
「黒幕はキリスト教徒!」

2016年12月5日月曜日

fate grand orderおもろセリフまとめ2

前回の続き。サイドストーリー「魔女の箱庭」のセリフ検証。

この世界の管理者として権限を与えていた人形
これは天地創造におけるアダムとエヴァに近い役割だ。
創世記で神が人類を創造した理由についてはこう書いてある。

神はまた言われた、
「我々の形に、我々にかたどって人を造り、
これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、
地のすべての這うものとを治めさせよう」。 
創世記1章26節

主なる神は人を連れて行ってエデンの園に置き、
これを耕させ、これを守らせられた。 
創世記2章15節

天地創造には管理者が必要だったのか?
それは不完全性を意味する事はないのだろうか?
意図的に管理が必要なように作ったのか?
いや、「治める」「守る」の具体的な内容は何だろう?

注目点はもうひとつある。創世記2章8節

主なる神は東のかた、エデンに一つの園を設けて、
その造った人をそこに置かれた。

これが注目点。神が天地創造をしたからといって
全地、全宇宙が完璧で平和で欠点が無くて・・・
そんな事はどこにも書いていない。
「神は良しとされた」とは書いてあるが
良い悪いの具体的な判断基準はどこにも書いていない。
もし完全な無から全宇宙が創造されたのなら
どんなクソであろうが「良し」な可能性がある。
神がイメージした通りに創造されたから「良し」だとしても
最初のイメージ、最初の仕様、最初の設計の段階で
破綻していたかもしれない。
むしろ、特定地域のみがエデンの園であるのなら
しかも、エデンの園からの追放が罰になるのなら
全地、全宇宙は基本的にクソでゴミでダメでアカン
というのは確実だろう。

・・・おい、こいつ本当にカミサマか?
このマヌケは一体何がしたかったんだ?

僕は超超超特大粗大ゴミを作りました。
予定通りのゴミクズ産廃で腐敗臭ぷんぷんです。
全部計画通りです♥ だから僕はえらい。僕はゴッド。
あ、お前はゴミの中に住んでエンドレスの糞ゲープレイね♥
ちなみに自爆プログラムも仕込んであるでよ♥

こんな事真顔で言い出すやつがいたら
普通は精神病院にどうやって行かせるか真剣に考えるはずだ。
しかしキリスト教徒どもは何をどう聞き間違えたのか知らないが
「おお、偉大な神の愛ガー、全知全能ガー」とか言い出す。
こいつらも一緒に精神病院に隔離しなきゃダメだ。

異常の原因を最小限の被害で済ませるには
中に入って当事者になるのが最適という事

このひと言こそが、私がFGOをやろうと決意した最大の動機だ。
私はなぜ生まれたのか?親がコンドーム無しでセックスしたから?
ではその親が生まれたのは?
その親の親の親の親の親の親の・・・・が生まれたのは?
「シーシュポスの神話」、宇宙の存在理由、人類の存在理由
にすら繋がりかねない
引っ張れば引っ張るほど深刻になる話題だ。

もしこのメディアの言葉が本当であるなら
カミサマ自らがこの世界に何らかの形で生まれて
ゲームの一参加者として中からの修復を試みるという事になる。

さて、そのカミサマは一体どういう形で
この世界に誕生するのか?
聖書の記述が正しいのなら人間として生まれてくる可能性が高い。
何しろカミサマと人間は似ているらしい。
しかも「中からの修正」をするにはある程度の影響力が必要なはずだ。
ミジンコやゾウリムシに生まれてもこの地球や宇宙を
どうこうはできないのではないか。
影響力の大きい生物という観点から見ると、
一番かどうかは別として人間は有力候補だろう。
(そもそも生物である必要性は?という疑問もあるが)

過去記事にも書いた「神人合一」にもつながる話題だ。
カミサマは一体何がしたくて天地創造などしたのだろう?
過去記事でも紹介したフェイド大帝の「過去の最低帝国」では
ウパニシャッドの創世神話が紹介してあった。一部再掲。

初めに、ここには全く何もなかった。まさに死によって、
これは覆われていた、飢えによって。
なぜなら死は飢えだからである。
「私は体を具えるようになろう」と、死は決心した。
そこで死は讃歌を歌いながら行った。
それが讃歌を歌っていたときに、水が生じた。
「まことに私が讃歌を歌っていた時に、私のために水が
 生じた」と。

なぜ死は体が欲しいと思ったのだろう?
神は自己を認識したいと思った・・・?
自己を認識するには他者の存在が必要・・・?
なんだかエヴァンゲリオンTV版の最終話のような話題だ。
カミサマは自己認識がしたかったのだとして
自己認識には成功したのだろうか?
動物は鏡が理解できずに珍行動に出る事がよくある。
では、カミサマは人間としてこの世に生まれたとして
自己認識はできるのだろうか?
被造物の中に入ってしかも人間なんぞになっている時点で
カミサマの能力にはかなりのリミッターが
かけられていると思われる。
ならばカミサマ自身を認識できずに珍行動に出るのではないか?
例えばカミサマじゃないものを崇拝しだすとか(笑)
アーメン、ソーメン、味噌ラーメン(笑)

こういう、「カミサマは人間となって被造物=世界の中に入り込み
内側から何かしらの仕事をしている」という考え方は
「魔女の箱庭」だけに限った発想ではない。

FGOでは現在期間限定のイベントを開催中だが
その中に似たセリフが出てくる。
例のごとくyoutubeに動画が上がっていたから紹介。
この動画の再生時間23分30秒あたりから色々臭いセリフが
連発される。
この期間限定イベントでは幼女版ジャンヌダルクが
一人前のサンタになるために(?)マスターと称する私自身とともに
各地を歴訪し騒動を起こす。
が、そもそもその騒動には計画者がいたという話題だ。

マシュ:なるほど・・・。
 つまり全部天草さんとジャンヌさんの企みだったんですね
 すっかり騙されました
天草四郎:いいえ、私ではありません。
(中略)
マシュ:え、じゃあ誰ですか?サンタムさん?
エミヤ:おっと、ハズレだ。
 フッ・・・マシュ、気付かないのか?
マシュ:え・・・?
エミヤ:この計画を立てたものはサーヴァントを
 一番把握している者 誰がどの役割に適しているか、
 誰が彼女を導くべきか、理解している者
 そして、あのジャンヌ・オルタがリリィの姿になろうとも
 心から信頼を置く者でなければならない。
 ならば、黒幕など世界にただ一人しかいないだろう?
マシュ:あ・・・。ああー!! マスター?
選択:はい。
マシュ:マ、マスターが全部仕組んでいたんですか!?
(中略)
 何故私にはそのことが一切伝えられていなかったのでしょう?

ミステリー小説において「読者が犯人」という小説は
前代未聞であり、「最後に残されたトリック」とも言われる。
その「読者が犯人」というネタへのチャレンジか?
という気がしなくもない。
ちなみに今「推理小説 読者が犯人」で検索してみたら
既にそういうトリックの本は出版されているようだ。
参考リンク
高原伸安「予告された殺人の記録」(1991年)
篠田秀幸「蝶たちの迷宮」(1999年)の二冊が該当するようだが
計画倒れだの何だのあまり評判はよくないようだ。

ミステリー小説はさておき、
主人公こそが、自分自身こそが、計画者、犯人、カミサマ
というのはなかなか臭い考え方だ。神人合一的でもある。

たとえば、TV版のfateではアーチャーと名乗るサーヴァントは
最初は真名を伏せていた。
が、最終的には衛宮士郎自身がそのアーチャーであると判明する。
しかも弓と言えば「ヤツら」のオキニの武器。
弓、名無し、自分自身・・・。連続ヒット乙。

私の好きな漫画に「タロットウォーズ」というものがある。
その中の第2巻、「幽体離脱」にも似た話題は出てくる。
同巻のあとがきで作者自身が一番描きたかったエピソードだと
書いている入魂の一話だ。
瞑想で生命の樹を登ったが悪魔に追われた主人公たちは
「神の家」に逃げ込む。しかしそこは無人であった。
そこでタロット儀式を行い世界の破滅を救う・・・。
しかし、なぜ「神の家」は無人だったのか?
反省会においてかなり臭いセリフが飛び交う。

今からよく考えてみればあの神の部屋に
何かが住んでいる気配は全く無くて
あの状態はまるで僕達が来るのを待っていたかのようでしたね
もしかしたら
もしかしたら神とは・・・
僕ら自身?

またこの話題か。探せばあちこちに似た話題は出てくる。

例えば「人間原理」という言葉が涼宮ハルヒの憂鬱に出てきた。
第1期の13話、第2期の5話。タクシーの中で小泉が語るシーン。
ちなみにタクシーの行き先は「閉鎖空間」
・・・あれ?それは何という「魔女の箱庭」ですか?
「人間原理」とは観察者効果、観測者効果とも言う。
参考リンク(wiki)
問題のシーンの小泉のセリフで解説するなら
「宇宙があるべき姿をしているのは
人間が観測する事によって
初めてそうであることを知ったから」
「我観測す、故に宇宙あり」
人は神を信仰する。だが、その一方で
神は信仰されなければ、「存在しないもの」になる。
我らは人間によって生み出されたもの
神は人間なくして存在できない
ちなみにこう(↑)語るアルトリア=ペンドラゴンは
「第六特異点 神聖円卓領域キャメロット」のボスキャラ。
(アルトリアペンドラゴン=アーサー王=古代ケルトの王様)
この第六特異点も十分臭い。
1273年(最後の十字軍の年)のエルサレムに
ワープしたと思ったら、
なぜかエジプトにスッ飛んでしまった。
しかもエルサレムに行ってみたらアーサー王が
ネオエルサレム建国中で最後の審判絶賛開催中
え?十字軍?ああ、あいつらアーサー王に殺されましたけど
それが何か?という所から始まる(爆

我々が聖地、聖書と考えているものは存在しない。
そんなものはエジプトとケルトを元ネタに合成したものだ
と言っているに等しくはないか?

それにしてもカミサマも宇宙も存在するのは
人間が観測した「結果」であるというのは
「シュレディンガーの猫」のような話だ。
ならば宇宙を観測するものがいなくなれば
宇宙そのものが無くなるのか?
私の死が宇宙の崩壊にすらつながりかねない(笑)
まさに私がカミサマじゃないか(笑)

え?なんですと?knznymmmyひとりが死のうが
世界中には70億ほどの人類がいるから
全宇宙が崩壊するわけがない?

えーっと、すみません。
アナタの見ている宇宙とワタシの見ている宇宙が
同じだという保証はどこにありますか?
普段、とりたてて不都合や矛盾点が見当たらないから
多分同じなんじゃない?という、
ナアナアの惰性と、馴れ合いで生きてるだけですよね?
その馴れ合いが正しいという保証はどこにありますか?

というかアナタ宇宙を見ているという保証は?
アナタは人間のフリをしている「風景」かもしれませんよね?
観測なんて意志も能力も無いかもしれない。
え?触れるから?話ができるから?だからニャンゲンですと?
ふーん。会話のできる風景とは随分上等な風景ですな(笑)
いや、ニャンゲンなんだったと仮定しても
宇宙を観測し哲学する意志や能力がワタシにもアナタにも
等しく備わっているという保証は無い。

いや、それを言うのならアナタこそが宇宙の観測者であり
ワタシこそが風景かノイズでしかないという可能性もあるんだがw
ワタシは自分自身はホログラムでもなければ
ロボでも幻でもないと思っているが、
「そういう思い込みを設定されたロボ」だったら?
ウンコするからと言っても「ウンコ機能付きのロボ」だったら?

そういえばこういう話題も涼宮ハルヒの憂鬱には出てきた。
2期の24話。
私はキミにとってヒトの言葉に聞こえるかのような
音を出しているのかもしれん。
だとすれば、何をもってキミは私が言葉通りの意味をこめた
発声をしているのだと確認するのか
そりゃあれだ。ちゃんと俺の問いかけに答えているからだ
私が発している音声が、たまたま偶然にもキミの質問に対する
応答に合致しているだけかもしれないではないか
そんなのがまかり通れば、人間同士でも会話が
成立していないことになるじゃねえか
まったくその通りだ。あたかも会話しているかのような
行為を働いていたとして、
それが正しい意思伝達をおこなっているかどうかなど、
誰にも解らないのだ。
・・・という事なのさ。
とりあえず「プラトンの洞窟の比喩」でぐぐれ 参考リンク

最後はお約束のひと言をオナシャス。
「黒幕はキリスト教徒!」

2016年12月4日日曜日

fate grand orderおもろセリフまとめ1

過去記事(2016年5月21日)で私はFGOがやりたいと書いた。
紆余曲折を経て最近はFGOをやっている。
2016年12月4日現在でのサーヴァント(所持キャラ)はこんな感じ。
過去にも書いた通り、
私がFGOに興味を持ったのは、出てくるセリフに
ケツ社のホモメカシくさいものが多いという所。
裏読みのし甲斐があるという所。
エヴァやまどマギに似た理由だ。

fate grand order、略称FGOは
androidスマホやiphoneで遊べるスマホゲーム。
リリースは2015年夏。基本的には無料だが、
強いキャラが欲しいなら課金しないと難しい。
若しくは何百時間も費やすか、よほどクジ運が良くないと無理。
私は基本的に無課金でやっている。
まあ、カネが無いだけとも言うんだけどな!

さて、私が最初にこのゲーム(及びアニメ)に
興味を持つ切っ掛けになったのは
メディアというキャラのセリフだ。
問題のセリフはスマホゲームの中に出てくる。
私が見た範囲内ではアニメの中には出てこない。

このゲームの中には「幕間の物語」と称する
メインストーリーとは少し距離を置いた
ショートストーリーがある。その中に出てくる。

youtubeに動画がuploadされていたからリンクを貼っておく。
以下、部分的に文字起こし。そして前後の流れ含めて考察。

マシュ:人形の王様を倒してくれ、ですか?
(中略)
メディア:今持ってきた直径50センチの大地模型(ジオラマ)
これが私が作った箱庭よ。分かりやすく言えば魔術における
固有結界の亜種みたいなものかしら
マシュ:いえ、その・・・どう見ても小さな家の模型にフィギュアが並んでるだけなのですが
(中略)
マシュ:・・・あの 人形の王、というのは、もしや・・・
メディア:ええ、この小世界の中の話よ。
この模型の内部は、いわゆる異空間なのよ。
あなた達みたいな素人にも分かりやすく言うなら
人形の世界とでも言えばいいかしら?
この家の中の人形たちは文字通り生きているの
(中略)
ここまでいえばわかるでしょう。
あなた達に頼みたいのはメンテナンスよ。
この世界の管理者として権限を与えていた人形が
私の指示書を無視して、勝手に動き始めたの。
まったく、作ってあげた恩を忘れて
飼い犬に手を噛まれるとはこのことだわ
マシュ:あの、よくわかりませんが、
外からその人形だけ抜き出せないのですか?
メディア:それができればやっているわ
でも下手に外から介入したら何もかもが壊れてしまう
構築したり付け加えるのは簡単でも
取り除くのはその何倍もの技術とセンスがいるのよ
完成した小説を加筆する人は多いけど
登場人物を消していく人は少ないでしょう?
一度完成したモノから要素を引くというのはそういうことなの
一体の人形を間引くだけで、その被害は何倍にもなる
人間の考える神様ってヤツが
世界を作ったあとに手を出してこないのはそういう事よ
どんなに被害が広がっても
創造主(そのとのもの)は見ているしかないの
異常の原因を最小限の被害で済ませるには
中に入って当事者になるのが最適という事よ
(中略)
マシュ:大元を絶たないときりがないみたいですね
(中略)
マシュ:あれは・・・メディアさんの影!?
・・・にしては少し小さいでしょうか
人形の姫君:さあ、私のかわいい人形たち
夢の世界を壊す害虫たちを駆除しなさい
シャドウサーヴァント:我らが美しき姫君、メディア様のために
マシュ:あの・・・これって・・・メディアさんの?
選択 メディアさんの願望って、こういう・・・
(中略)
メディア:そうよ!! 私は人形が友達の寂しい女なのよ!
殺せ!! いっそ殺してちょうだーい!

なるほど。期待通りなかなかくっさい感じだ。
こういうセリフの検証は世界の存在理由や
聖書がなぜ天地創造から始まるのか?という話題等、
神学的、哲学的、心理学的な話題につながる。
「ヤツら」系の話題の本丸につながるという事だ。
私は小学生や中学生ではない。
こんな中途半端な絵柄のカードゲームもどきで
キャッキャ言うほどガキではない。

このゲームはサーヴァントと称する使い魔?的なものを
使って戦闘を繰り返す事でストーリーが進んでいく。
そのサーヴァントの中で最初に登場し、
マスターと称する私自身と契約をしたのが
マシュ=キリエライト。一応主役級の扱いのようだ。
・・・ふう。初っ端からやらかしてくれる。
名前が完全にキリスト教だ。ついでに左目乙!
「契約」が大好きなのはキュウべえやヤハウェとも共通する。

マシュは左目だけやたらと強調しているキャラだ。
たとえばテレビ放送されたFGOのCMを見ても
左目のアップが必要以上に多い。
これはTV-CM第3弾
これはTV-CM第5弾
これはTV-CM第6弾
これはTV-CM第7弾
これはTV-CM 2016年の夏季イベントのもの
妙に左目のアップだけ多いのと、
必要以上に右目が髪の毛に隠れているのが目立つ。
何も意図的に左目のアップが出てくるCMだけを
ピックアップした訳ではない。
他のCMも公式HPで見られるから
文句があるなら自分でチェックしてみたらいい。(リンク
 
そもそも、マシュとはmatthew
日本語では「マタイによる福音書」と称しているが
あの「マタイ」が英語では「マシュ」である。
キリエはギリシア語で「キュリオス」=「主」=「神様」
ラテン語やギリシア語には名詞も活用がある。
「κύριος キュリオス」の「呼格」が「κύριε キリエ」
ライトがキリストなのは分かるだろう。
例えばヨハネ伝8章12節ではキリストが自らを光に喩える。

私は、世の光である。

まあ、ここまでなら偶然の一致だと言い張る余地もある。
しかし、このキリスト君が十字架を持って登場するのは一体何なんだ?
戦闘場面ではこのキリスト君は十字架をぶん回して
敵を撲殺する(笑
おい、キリスト君、聖遺物を粗末に扱ってはいかん。
ついでにこのキリスト君は「デミサーヴァント」と称する。
なんでも、半分人間で半分英霊だそうだ。
ほうほう。どこぞのイエス・キリストも
神なのか人間なのかって散々宗教会議で大喧嘩の元になりましたなあ。
例えばアリウス派、アタナシオス派、ニカイア公会議。

FGOでは英霊と称する各キャラクターは
クラスと称するグループ分けが行われている。
ジャンケンのグー、チョキ、パーのように
特定のクラスは、別の特定のクラスに対して
強かったり弱かったりという設定がなされている。

それはいいとしてマシュ=キリエライトは
シールダーという謎のクラス。
現状、シールダーはマシュ1人しか登場していない。
そういえばどこぞの聖書では
カミサマを盾に喩える事がよくある件。

例えば、創世記15章1節
これらのことの後で、
主の言葉が幻の中でアブラムに臨んだ。
「恐れるな、アブラムよ。私はあなたの盾である。
あなたの受ける報いは非常に大きいであろう。」

例えば、申命記33章29節
イスラエルよ、あなたはいかに幸いなことか。
あなたのように主に救われた民があろうか。
主はあなたを助ける盾
剣が襲うときのあなたの力。
敵はあなたに屈し
あなたは彼らの背を踏みつける。

例えば、サムエル記下22章3節
私の神、大岩、避けどころ
私の盾、救いの角、砦の塔。
私を逃れさせ、私に勝利を与え
不法から救ってくださる方。

例えば、詩編7編11節
神は私の盾。

まだまだ他にもある。
詩編18編3節、同28編7節、33編20節、84編12節、
同59編12節、同89編19節、同115編9節、同115編10節、
115編11節、ゼカリヤ書12章8節・・・。
まだ他にもある。面倒だからもう書かないけど。

クサイ話はまだ続く。
上で紹介した申命記33章29節に注目。
カミサマが盾なのはいいとして
「剣が襲う時の」あなたの力、と書いてある。
敵は剣を持つものだと想定されている。
剣なんて武器の中では定番だから別に意味なんか
・・・とも言えるが、実はそう単純ではない。

さきほどのクラスの話だ。
FGOでは基本的なクラスが7ある。
それが「三すくみ」のような、ジャンケンのような
強弱の関係に設定されている。
さて、カミサマの武器は弓であると過去記事で何度か書いた。
FGOにもアーチャーと呼ばれる「弓」のクラスがある。
しかもこのアーチャーはセイバー=剣に強いという設定。
ほう・・・。
聖書と同じく「神=弓」が「敵=剣」を倒す設定・・・。
ついでにその「神=弓」を倒すクラスは「槍」
ほう・・・。
そう言えば、どこぞのキリストも
ロンギヌスの槍に刺されて絶命したと
聖書に書いてあるんだが(笑
うん、偶然だ(笑 そういう事にしておこう(笑

しかもしかも、このマシュくんはゲーム開始直後に
火災事故に遭って死にそうになる
そこを主人公に助けられた所からストーリーが展開する。

「死と再生」と言えばヤツらの大好物だ。
例えば新約聖書の重大テーマと言えば
イエス・キリストの死と復活だ。
ズバリ「死と再生」そのものだ。しかも・・・。

死と再生

しとさいせい

使徒再生

使徒新生 エヴァンゲリオン旧劇場版乙!

いや、新生と再生は似ているけど別物では?
という気もしなくはない。
そもそも「死と再生」から「使徒再生」へのつなぎが
ただのダジャレではないのか?
・・・と思っていたら 実はエヴァの旧劇場版には
「death and rebirth」というサブタイトルがついている件w
実際にエヴァ劇場版では「死と再生」の儀式が描写された。
人類補完計画なんぞ、まさにソレだろう。
全人類が死に絶えて、新しい人類が生まれる。
新しいアダム=シンジと、新しいエヴァ=アスカの誕生だ。
ドサクサでリリス=綾波まで再生してたけどw
 
また、このマシュに取り憑いた(?)英霊は
名前を名乗らなかった。そのせいで真名が不明。
名前を隠したがるとは、どこのヤハウェ君ですか?

しかも、ゲーム内のストーリーを追っていくと
この名無しさんの正体がアーサー王の円卓の騎士の一人、
ギャラハッド。
アイヤー(笑
キリスト君の正体が円卓の騎士とか
あんま言っちゃいけない話題じゃないのか?

たとえば、「第6特異点 神聖円卓領域キャメロット」では
「マシュはアーサー王の円卓の騎士のひとり」という話題が
ハッキリと出てくる。
この動画の再生時間7分過ぎあたり。
アイヤー(笑

まず、アーサー王はケルト人の王様だ。しかも6世紀。
勿論、ケルトだドルイドだと言えば
ねこた先生もキリスト教の元ネタじゃないのか?と
大注目の重要ポイントである。
アイヤー(笑

ついでにキリスト教美術には元々十字架なんか登場しなかった。
いや、そもそも美術に限らず、
刑罰としての十字架そのものが存在しなかったのでは?
というのは過去記事で私が仮説をぶち上げている。

それが急に十字架は神の愛がどうだの、神聖だのありがたいだの
意味不明な猛プッシュを受けだしたのがまさに6世紀。
アイヤー(笑

せんせえ、何でアーサー王の時代と一致するんですか?
せんせえ、ついでにケルト十字って何ですか?
せんせえ、ついでにイシス崇拝って何ですか?
せんせえ、「ケルト」十字がエジプトにもあるのはなぜですか?
せんせえ、「すこちゃんランド」とか
けしからんツイッターしてる人がいるのはなぜですか?
せんせえ、ついでにアトン信仰って何ですか?
せんせえ、ついでにアマルナ革命って何ですか?
せんせえ、ついでにアメンホテプ4世って誰ですか?

キリスト教のパクリや経歴詐称がバレるから
そういう質問をしてはいけません(笑

え?何何?キリストは神の一人子で紀元1世紀のパレスチナに生まれ
全人類の罪を背負って十字架にかかって死んだが
3日後に蘇って神のみもとに帰り、
やがては全人類の罪を裁くために再臨する?

あー? 誰だっけ? マリア?とかいう
安物売春婦の子供の事? あいつできちゃった婚の分際で
ヨセフとかいう田舎っぺ騙して売春婦引退したらしいな。

最後はお約束のひと言をオナシャス。
「黒幕はキリスト教徒!」

2016年7月29日金曜日

knznymmmyのラテン語ペラペラプロジェクト10

では実践編第6弾。今日も旧約聖書から。創世記3-3
biblia sacra vulgata
de fructu vero ligni quod est in medio paradisi
praecepit nobis deus ne comedemus
et ne tangeremus illud, ne forte moriamur


(口語訳)
ただ園の中央にある木の実については、

これを取って食べるな、これに触れるな、
死んではいけないからと、神は言われました。

(新共同訳)
でも、園の中央に生えている木の果実だけは、

食べてはいけない、触れてもいけない、
死んではいけないから、と神様はおっしゃいました。
 

(ABS)
but god said, 'you shall not eat of the fruit of the tree
which is in the midst of the garden,
neither shall you touch it, lest you die.'"

 
(KJV)
but of the fruit of the tree
which is in the midst of the garden,
god hath said, ye shall not eat of it,
neither shall ye touch it, lest ye die.

 
(エルサレム聖書)
mais du fruit de l'arbre qui est au milieu du jardin,
dieu a dit: vous n'en mangerez pas,
vous n'y toucherez pas, sous peine de mort.»

 
(BHS)
ומפרי העץ אשר בתוך הגן אמר אלהים לא תאכלו ממנו ולא תגעו בו פן תמתון


BHSは例のようにここ参照。
とりあえずは文法的な解釈から。
de〜より
fructu果実名 男 奪 単
veroしかし副詞
ligni樹木の名 中 属 単
quod関 中 主 単
est(be動詞)動 現 3単
in〜に
medio中央名 中 奪 単
paradisi楽園の名 男 属 単
praecepit命じた動 完 3単
nobis我々に代 1複 与
deus神は名 男 主 単
ne(否定命令)
comedemus食べる動 接 半 1複
tangeremus触れる動 接 半 1複
illudそれを代 中 対 単
forteby chance
moriamur死ぬ動 接 現 1複

問題点の検証。まず、園の中央の木がやはり単数形だ。
ウルガタもBHSも2章9節では木は2本生えているんだが。
なぜ1本になったんだろう?
これはBHSでも3章3節では単数形。2番めの単語
עץ
これ(↑)がthe tree(単数形)
עצים
これ(↑)が複数形。
google翻訳でtreesと打ってもこれが出る。
だからヘブライ語で樹木は単複同型という訳でもない。
元々樹木は1本だったのか?それって何ていうユグドラシル?

問題点はまだある。神が禁止した内容は具体的に何か?
日本語訳、英語訳、フランス語訳を見る限りでは
 「木の実を食べること」と「木の実に触れること」を
禁じていると解釈するのが自然だ。

ところがぎっちょんww 残念でしたwwwwww
そう解釈したあなたは間違っています。
実はここは 「木の実を食べること」と 「に触れること」を

禁じているのが正解。その根拠はillud
これはtangeremus=触れるの目的語。

そして中性。この文章の中で出てくる中性名詞は「樹木」
一方「果実」は男性名詞。
だから「触る」の目的語ではない。
よって触っていけないのは樹木だ。

あっぶねえwwwラテン語の勉強しておかなきゃ
うかうか楽園暮らしもできない件ww


BHSの場合だと最後から3番目の単語。
בו
これ(↑)が何を指すのか?が問題。
ヘブライ語で「樹木」は男性名詞
(「ヘブライ語入門」日本ヘブライ文化協会刊 p145)
「果実」も男性名詞(同書p160)
よって性別による判定は不可。

しかし使っている単語が違う。
「それに触れるな」と「それを食べるな」の
「それ」が2種類の別の単語だ。
これは禁止の対象物が違うという事なのか?
たまたま同じ意味の単語が2つあったから使っただけか?
ヘブライ語5級の私にとってはよく分からない問題だ。

一応グーグル翻訳してみると「食べるな」の方は
ממנו
これ(↑) "from him" と出てくる。男性名詞を指すようだ。
だが、樹木も果実も男性名詞。
常識的に樹木は食べないだろうから果実を指す。 
問題の「触るな」の方の「それ」は
בו
これ(↑) "it" とか "in him" と出てくる。
やはり男性名詞を指すのか? 結局樹木か果実か不明。

ヒエロニムスは何を根拠に
「果実を食べるな」と「樹木を触るな」という訳にしたのか?
もしかして誤訳?
しかしヘブライ語もラテン語もペラペラの私は
ヒエロニムスをタコ殴りにするのはまだ無理だ。

しかし正解は実は意外な所にあったりする。
ヤハウェが何と言ったかは2章17節に書いてある。
「善悪を知る樹の果実は食べてはいけない」
これが正解。

おいwエヴァ!お前勝手に人の命令書き換えるな。
「触るな」なんて誰も言ってない件。
神の命令はエヴァが生まれる前なので
エヴァはアダムから又聞きした可能性が高い。
たった2人しかいないのに、もう伝言ゲームで
内容が物故割れている件(苦笑
いや、ヤハウェは馬鹿だからアダムに言った事と
エヴァに言った事が違っている可能性も捨てがたいが(笑

こんな馬鹿どもの伝言ゲームを
「神の霊感ガー」「神の言葉は神聖不可侵ガー」
とかホラ吹きまくってるどこぞのカルト宗教は
実に胸熱な事でござった。

お前らの大好きなカミサマのミコトバなんぞ
エデンの園時代に既に捻じ曲がって
今更不可侵もクソもねえんだよ、バーカ。

最後はお約束のひと言をオナシャス。
「黒幕はキリスト教徒!」
みかん、いや、未完。

2016年7月23日土曜日

knznymmmyのラテン語ペラペラプロジェクト9

では実践編第5弾。今日も旧約聖書から。創世記3-8

et cum audissent vocem domini dei
deambulantis in paradiso ad auram post meridiem,
abscondit se adam et uxor ejus a facie domini dei
in medio ligni paradisi.

では今回は「ガチKGB訳・直訳版」から紹介。

午後の楽園を、微風を伴って散歩する主なる神の声を聞いて
アダムと彼の妻は主なる神の顔を避けて
園の中央の木の陰に隠れた。

これを意訳すればこうなる
午後の楽園をヤハウェは歩んでいた。
いつものように風を吹かせながら。
ヤハウェの声を聞いたアダムと嫁は
園の中央の木の陰に隠れた。
ヤハウェに会うのが怖かったのだ。

口語訳 
彼らは日の涼しい風の吹くころ、
園の中に主なる神の歩まれる音を聞いた。
そこで、人とその妻とは主なる神の顔を避けて、
園の木の間に身を隠した。


色々と違っている。私が問題視するのは
アダムが聞いたものは何だったのか?

風はなぜ吹いたのか? 
アダムが隠れた場所 この3点。

他の訳も読み比べながら、なぜガチKGB訳になるのか検証する。
とりあえずは文法的な解釈。「係」というのは「過去完了」の略。
おとといぐらいに思いついた。

「カコカンリョウ」って早口で言ったら「カカリ」っぽいからw
cum〜した時
audissent聞いた接 能 係 3
注:これウチのテキストが
間違っている
vocem声を名 女 対 単
domini主の名 男 属 単
dei神の名 男 属 単
deambulantis散歩している現在分詞 男 属 単
in〜の中を
paradiso楽園名 男 奪 単
ad?(後で考察)
auram微風名 女 対 単
post〜の後で
meridiem正午名 男 対
abscondit隠した完 3単
se自身を再帰代名詞
uxor名 女 主
ejus彼の代 男 属 単
a〜から
facie名 女 奪 単
in〜の中に
medio中央名 中 奪 単
ligni名 中 属 単
paradisi楽園の名 男 属 単

新共同訳
その日、風の吹く頃、主なる神が園の中を歩く音が聞こえてきた。
アダムと女が、主なる神の顔を避けて、園の木の間に隠れると、

ABS
and they heard the sound of the lord god

walking in the garden in the cool of the day,
and the man and his wife hid themselves
from the presence of the lord god

among the trees of the garden.

KJV
and they heard the voice of the lord god

walking in the garden in the cool of the day:
and adam and his wife hid themselves
from the presence of the lord god

amongst the trees of the garden.

la bible de Jérusalem
ils entendirent le pas de yahvé dieu

qui se promenait dans le jardin à la brise du jour,
et l'homme et sa femme se cachèrent
devant yahvé dieu parmi les arbres du jardin.
 

みんな大好きBHS
וישמעו את קול יהוה אלהים מתהלך בגן לרוח היום
 ויתחבא האדם ואשתו מפני יהוה אלהים בתוך עץ הגן

まずアダムが聞いたものは何だったか?
ウルガタ、KJV、BHS、ガチKGBが声
口語訳、新共同訳、フランス語は足音
ABS はどっちか不明


私の家には
a hebrew and english lexicon of the old testament
というマニア本がある。これのp876に
קול
が出てくる。意味は"sound, voice" 声か音か不明。
私がよく使うオンラインの対訳版BHSではvoiceと訳してある。

私は神は足音をたてずに歩くと思う。
根拠のひとつはマルセイユタロット。

11番の、らふぉるす以降は霊的な存在だ。
だから空中浮遊をしている。
典型的なのは12番の、るぺんでゅ
木に縛られているようで実は結び目が無い。だから空中浮遊。


主の祈りでも「天にまします我らの父よ」と祈る。 
カミサマがいるのは天だ。上だ。
サタンがヤハウェと痴話喧嘩した時も
「地に落とされた」(参考:イザヤ14章 黙示録12章)
キリストが洗礼を受けた時カミサマの聖霊はどこから来た?
使徒行伝2章でカミサマの霊が降りてきた時風はどこから吹いた?
キリストが死んで蘇った後、
ヤハウェの元に帰ると言ってどっちに消えた?
全部上だ。おk?
そういや日本でもオバケには足が無い。だから足音はしない。

では声だとしたら神は何を喋っていたのか?
何かの動物と挨拶でもしていたのか?
しかし蛇は最も狡猾(創世記3-1)だと聖書に書いてある。

BHSの単語では
ערום
これ(↑) さっきの辞書に出てこない。
多分活用形を原形に戻さないといけないんだと思う。
ヘブライ語5級なもんでまだ活用を全然覚えられていない。
google翻訳したら nakedと出てくる件(笑 à poil!
これは今後の課題だ。
ウルガタではcallidior これは英語のclever

蛇は賢い。だから喋れた。というか蛇=悪魔だ。

悪魔=イルミ=右目=知性。
だから蛇が喋れるのは特例で他の動物は喋れないと思われる。
では、アダム、エヴァ、神、悪魔。
こいつら以外で喋れそうなキャラは・・・いない。

普通ひとり言なんかそうそう言わないはずだ。

知的障害児みたいに歩きながら奇声を発するとか
創価学会みたいにお題目唱えるのでなければ。
だからカミサマの声が聞こえたのは「誰かとの会話」のはず。
喋れるキャラは神、悪魔、アダム、エヴァ。
消去法で残るのは悪魔しかいないw

神と悪魔が話をする? 一体何を?
まして「やらかしちゃった」直後のこの状況下で
考えられる可能性はひとつしか無い。


楽園追放は自作自演、神と悪魔が仕掛けた罠だった疑惑。

悪:おーい、ヤハウェ、うまくいったぞ
  あいつら本当にリンゴ食いやがったww
ヤ:まじかwww グッジョブ!

  よーし、パパ、激おこぷんぷん丸だぞおwww
悪:こっちだ、こっち、あいつら隠れてやがるから
  ゴルァして楽園追放すれば、作戦大成功wwww

こんな会話が聞こえれば誰でもビビる。いや、それ以前に

ヤハウェが被造物の中に入り込んでいるのはなぜか?
ちょっと質問しただけでも神の御心は人間には理解できないと
あれだけ連呼していたではないか。
カミサマは超絶・隔絶的であり、ミラクルな高次元であり
所詮、土から作られた人間ふぜいとは根本が違うと
顔真っ赤にして叫び狂っていたではないか。
それだけ超高度なカミサマは一体何が悲しくて
被造物の中に入りこんでいるのか???
おい、土くれふぜいは相手にしないんじゃなかったのか?

ギリシア語には「愛」と訳できる単語が4つある。
アガペー、フィリア、エロス、ストルゲー。
フィリアは友情。エロスは男女の恋愛、ストルゲーは親子の愛。
聖書に出てくる「(神の)愛」とはギリシア語のアガペーだ。
そしてこのアガペーが意味するのは
「愛には値しないものを愛する愛」
(聖書ギリシア語四週間 野口誠著 いのちのことば社 p22)
 
どれだけ人間をカス扱いしてんだか?
そんなに人間を相手にするのが嫌なら、
むしろあっち行けシッシッって話なんだが? 
いや、そもそもヤハウェが天地創造をした目的は?

fate go的解釈をすれば

「ゲームに不具合が出たから神自らが参戦して中から修正中」
なのか?
それにしても、まだこの場面はエデンの園だ。ゲーム開始直後だ。
そこでもう不具合が出て中から直すしかなくなっていたのか?
それは要するに最初から壊れていましたと言うのではないか?
ヤハウェが参戦している=ヤハウェ自身も不具合を認めている。
クソゲ−乙。
クソゲーをちゃぶ台返しする口実にりんご事件を企画したのか?
元々自分が悪いだけなのに「お前のせいだ−!」とファビョ。
実にキリスト教的だ。
何も知らずにブラック企業に応募しちゃった
ダメリーマン君がアダム君か。
そしてまんまと引っかかったダメ嫁エヴァ。
はじめから破綻したものを押し付けて、
オマエが壊したんだー。オマエが悪いんだー。損害賠償だー。
というヤクザ論理。

ヤハウェはりんご事件以前から参戦・内部修正をしている。
だから破綻も破滅もりんご事件のせいではない。
物故割れていたのは元からだ。
ヤハウェはりんご事件をセブンセンシズでピキーンと察知して
急遽参戦したわけではない。
逆だ。参戦が先だ。元からヤハウェはゲーム参戦していた。

その根拠はアダムとエヴァのリアクション。
声or足音を聞いて、隠れている。
これは聞いただけで「あ、ヤハウェだ!」と気付くからに違いない。
聞いたこともない声、聞いたこともない音だったのなら
「何だろう?」と様子を見るのではないか?

それこそ、以前紹介したpuellaがアザーンを聞いた動画みたいに。
また、聞いただけで「あ、ヤハウェだ」と分かるという事は
やはり「足音」ではなく「声」と訳するのが正解だと思われる。

そして問題の微風。BHSにもルアハが出てくるから
微風というより、ただの風かもしれない。

そしてこの風の前にadという前置詞がついている。
私のテキストでは「〜において」と訳してあるが意味不明。
「風において散歩する」?
しかも同じテキストの和訳では
「午後になってそよ風が吹く頃、園の中を歩く主(以下略)」
と書いてある。
「〜において」とは「〜の頃」という時間的な意味なのか?
ウチの辞書にはそんな意味は出てこない。
ウチの辞書のadの意味の中にwith the company ofがある。
以前から私は神=風と主張している。
まして嵐の神が登場すれば風が吹くのは当然だ。
ヤハウェが現れた時はこう(↑)なるのが毎度の事だと思われる。 
だから使徒行伝ぐらい読んでおけとあれほど(2章参照) 

「風の吹く頃」と訳している聖書は全部誤訳。
まして新共同訳みたいに勝手に「その日」と決めつけるのは論外。
BHSだと
לרוח
このひと言をどう解釈するかだ。これは今後の課題。

声と風の両方が訳できている聖書はウルガタのみ。
他は全部誤訳。
薔薇十字乙!
最後はアダムの隠れた場所。ウルガタによると
in medio ligni paradisi
中央の木に隠れるのはいいとして、隠れた木が単数形だ。
一方創世記2章9節を見ると「命の木」と「善悪を知る木」の
2本が「中央の木」として出てくる。
まあ、1本か2本かというのは視点の問題なだけかもしれない。
しかし日本語で「命の木」と訳されているこの中央の木。
これはABSとKJVではtree of lifeと訳されている。
BHSだとコレ(↓)
עץ החיים
ええ、みんな大好きなアレですよ。生命の樹ですともw
このヘブライ語をコピペして画像検索してみた。
案の定、生命の樹が出る。
え・・・?中央に?神聖な木があって?
しかも3本にわかれてるようでもあり?
だけど1本の樹木?それ何ていうユグドラシル?

:生命の樹が、今のセフィロトがどーたらの形に
なったのは中世。盲人イサク(1165?〜1235)以降の事。
ちなみに彼が生まれたのはおフランス。
カバラが今の形になる上で彼の影響は特に大きかったらしい。
例えばここ(リンク)など参照。
新プラトン主義やグノーシス云々と物騒な話題の出るリンクだw
ヤコブの梯子とか、エデンの園の生命の樹とか
旧約に色々あるからと言って、今日我々の考えるカバラが
旧約時代に既に存在したと考えるのは早漏。

一応ウルガタでも2章9節には生命の樹と善悪を知る樹の
2本が出てくる。
ちなみに2章9節にはその2本とも生やしたのは
カミサマ本人と書いてあるw
おいwww食べてダメなら、
そもそもお前が生やさなければ済んだ話じゃないか!

昔、私がまだ教会通いをしていた頃、ある牧師が
(注:私は複数の教会に通ったからこういう表現になる)
「カミサマが善悪を知る木から実を取って食べるなと
言ったのはなぜか?」と私に質問してきた。
私は「アダムとエヴァに我慢する事を教えたかったから?」
と返事した。
牧師は「そうですね」云々と言っていた。

今にして思えばこの牧師ひどすぎる。
まずキリスト教視点で見てもこの牧師の回答は間違い。
正しいキリスト教的な回答とは以下のようなものを言う。

「神の御心、御業は人間ごときに知りつくす事はできない。
そういうのは思い上がった心であり、
自らを神に等しいものと考えたサタンと全く同じ心理だ。」

調べてみたらこの教会、まだ潰れずに続いている。
よし!サタン牧師の教会を焼き討ちにしろ!

今の私なら、この質問にどう答えるだろうか?

まず善悪を知る木とは、ウルガタ2章9節の表現では
lignumque scientiae boni et mali  つまり、
scientiae = science =科学=悪魔=イルミ=反キリスト。
知性否定のキリスト教だからこそスキエンツィアを禁止した。
だから盲目的に、盲従する事を神は望んだ。
それがつまり「食べるな」という命令。
とは言え、聖書には「死んではいけないから」
という理由が添えてある。
人間は最初から死ぬように作ってあるという事だ。
「死んではいけないから」が禁止の理由になるならば
アダムも死ぬのは怖かったはずだ。
自称唯一絶対の神と楽園暮らしをしているのに
死ぬのが怖いというのも不思議な話だ。
もしアダムが罪を犯さずに、寿命で楽園内で死んでいたら
一体何が起きたのか?
「あの世」とやらにでも行くのか?
そこでヤハウェではないカミサマから最後の審判でも受けるのか?
死が不可避でしかも恐怖の対象だとするなら
楽園もパラダイスも必ず破綻するのが仕様だ。
そもそも食べたらダメな善悪を知る木を生やした犯人は
ヤハウェ本人だ。
食べてダメなら、そもそも生やさなければ済む話だ。
要するに破綻も破滅も神自身が仕込んだ自作自演にすぎない。
ましてそんなもので我慢する心を教えるだの
尊い自由意志を与えてどうとか一切関係ない。
まして奴隷でしかないお前から自由意志を説教される
筋合いなど無い。
本当に楽園だったとするなら一体何を我慢する?
我慢により何かしらの矯正が必要であるのなら
天地創造が不完全であったという事だ。不完全なものは破綻する。
ましてや火種を神自らが仕込んでいるのなら確実に破綻する。
だから、先程から私は破滅は自作自演と言っている。
こんなもので原罪をデッチ上げておきながら
「救ってやる」と上から目線の
自称救い主を送り込んでくるとか、
こいつらNHKの集金屋よりも悪質だ。
そもそも罪の赦しに血が必要な理由は何か?
ヤハウェに赦す気持ちさえ本当にあるのなら
ヤハウェの胸先三寸で済む話ではないのか。
もし、ヤハウェに赦す気が本当にあるのなら
全人類が神を信じて神の子となったらどうなるのか?
ハルマゲドンも最後の審判もウソ予言、聖書はウソの本
という事になるのではないか。
聖書は真実の書だというのなら、聖書に繰り返し書いてある通り
救われない運命の人間がいるという事だ。
そしてこの、救われない運命の人間を創りだしたのも
他ならぬヤハウェだ。だから私は自作自演と言っている。
こんな状態で「自由意志を与えたから云々」とか
寝言は寝てから言え
こんなヤハウェに人を裁く資格などないし
お前のようなカス牧師に人を導く資格など無い。
その証拠にヤハウェはノアの大洪水で悪を滅ぼすと言いながら
見事に大失敗しているではないか。
お前は見事にサタンと同じ思考をしているではないか。

・・・とでも答えるだろうか?
サタン牧師の教会を焼き討ちにせよ!

最後はお約束のひとことをオナシャス。
「黒幕はキリスト教徒!」
みかん、いや、未完。